2010年02月04日

閉校前に熱気球でお別れ 練馬区立光が丘第二小学校(産経新聞)

 統合に伴い今春限りで閉校となる練馬区立光が丘第二小学校の校庭で30日、児童らの別れのメッセージや手形が寄せ書きされた長さ10メートルの垂れ幕が熱気球からつるされ、宙に舞った。PTAなどの閉校実行委員会が「皆に二小の思い出を大切にしてほしい」と企画した。児童や保護者らが見守る中、気球が舞い上がり、「いままでありがとう」などのメッセージが風に揺れると、大きな歓声が上がった。

前年上回る1.0倍=出願状況の中間集計−国公立大入試(時事通信)
支笏湖氷濤まつり 30基の氷像が七色に 29日開幕(毎日新聞)
サル ナベ、地位捨て恋に走る 新たな群れで奮闘中 大分(毎日新聞)
閣僚や民主のヤジは「最後っ屁」「破れ蓄音機」 自民・大島氏が批判(産経新聞)
<菅副総理>「成長戦略を推進」を表明へ 経済演説(毎日新聞)
posted by タマイ セツコ at 14:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<雑記帳>あでやかに芸舞妓が豆まき 京都・八坂神社(毎日新聞)

 京都市東山区の八坂神社で2日、無病息災や五穀豊穣(ほうじょう)を祈る節分祭が始まった。京都五花街のうち先斗町と宮川町の芸舞妓(げいまいこ)14人が豆まきをし、大勢の人出でにぎわった。

 正装の黒紋付き姿の芸舞妓らは舞殿(まいどの)で踊りを奉納。続いて小袋に入った豆をまき始めると、周囲を取り巻いた参拝者らは必死で手を伸ばし、境内は「福は内」の声に包まれた。

 節分本番の3日はおひざ元の祇園甲部と祇園東の芸舞妓がそろい踏み。境内を飛び交う福豆と芸舞妓が振りまくあでやかな笑顔の波状攻撃に、邪気の入り込む余地はなし。【望月亮一】

【関連ニュース】
<写真特集>中村勘三郎:なじみの芸妓衆も祝福 東京・赤坂で初めて歌舞伎上演
博多をどり:芸妓衆が総出演 新人7人も華やかに
21年ぶりの10代舞妓、ゆき乃さんデビュー 「芸どころ名古屋」に希望の光
宵えびすであでやかに芸妓衆が「かち詣り」 福岡・十日恵比須神社
節分お水汲み祭りをPR 大阪・北新地の芸者さん

福祉事務所で窃盗被害=事務所窓から侵入か−東京(時事通信)
<メッセージ展>被害者遺品に受刑者も涙 東京・立川拘置所(毎日新聞)
<陸山会>小沢氏団体から13億円 04〜05年不記載(毎日新聞)
<労働者派遣法>12法案、参院での先議検討 政府・民主(毎日新聞)
入院患者から高濃度インスリン、殺人未遂で捜査(読売新聞)
posted by タマイ セツコ at 02:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。