2010年01月28日

京都女子大名誉教授 山川瑞明氏死去(産経新聞)

 山川瑞明氏(やまかわ・たまあき=京都女子大名誉教授、英文学)14日、肺炎のため死去、84歳。自宅は京都市上京区竪富田町423の206。葬儀・告別式は近親者で執り行った。喪主は妻、恭子(やすこ)さん。

小沢氏を事情聴取=虚偽記載「把握していない」「裏献金、事実無根」−東京地検(時事通信)
外国人参政権 赤松氏「『公約だ』は個人の約束」(産経新聞)
<神戸・女性不明>「中国籍の男が女性殺害示唆」遺棄容疑者(毎日新聞)
西武有楽町店閉鎖 後継テナントいるのか(J-CASTニュース)
<春闘>労使が初交渉 賃金より雇用確保優先(毎日新聞)
posted by タマイ セツコ at 21:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「新型」輸入ワクチン、希望は200回分だけ(読売新聞)

 2月から出荷が始まる新型インフルエンザの輸入ワクチンについて、第1回出荷分(474万回分)の配分を希望した都道府県は山梨県だけで、配分希望も200回分だけだったことが22日、厚生労働省の調査で分かった。

 当面はほとんどの輸入ワクチンが国の在庫となる見通し。厚労省は「どの程度余るかも含め、対応を検討する」としている。

 輸入ワクチンは、国が欧州の2社から計約1126億円で計約9900万回分を購入する契約を結んでおり、2月3日にノバルティス社(スイス)製の234万回分、同5日にグラクソ・スミスクライン社(英国)製の240万回分がそれぞれ各自治体へ初出荷される予定だった。

 山梨県では4医療機関がグラクソ社製200回分を希望。同県は「具体的に接種希望者がいるのかは分からない。医療機関が念のために発注したのではないか」としている。

 国産ワクチンも今月29日に9回目の出荷が行われるが、649万回分の出荷予定に対し、配分希望は全国で計520万回分。2月以降も約1466万回分の出荷が予定されている。

 一方、国内の患者数は7週連続で減少。最新の1週間(11〜17日)の新規患者数は1医療機関当たり8・13人で、40都道府県で前週を下回った。

バンクーバー五輪 にぎわうリンク 早くも祭典ムード(毎日新聞)
「田舎知事」連携だ!…9県がネットワーク(読売新聞)
浄霊代など650万円、TV人気霊媒師らを提訴(読売新聞)
後鳥羽上皇造営の水無瀬離宮跡か 大阪・広瀬遺跡(産経新聞)
ハイチで医療援助へ、陸自110人出発=成田(時事通信)
posted by タマイ セツコ at 12:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。